福建の民間郵便銀行が語る近代海上シルクロード交流史

2019-07-11 08:00 来源:秀才屋

代孕服务电话福建の民間郵便銀行が語る近代海上シルクロード交流史

糯米烧麦

铁路乘务员面试

福建の民間郵便銀行が語る近代海上シルクロード交流史

かつて民間の郵便銀行機関の役割を務めた「天一信局」の建物が、福建省■州(さんずいに章)台商投資区角美鎮流伝村に残っている。

記録によると、清朝末期、フィリピンに住んでいた福建省出身の中国人郭有品が「水客」(商品を携行して持ち運びし、売買する商人のこと)から身を起こして、現地に暮らす中国人が福建に手紙や封書を送るのを手伝うようになった。

その後、誠実なはたらきぶりから徐々に同胞たちの信頼を勝ち取った郭有品は、1880年に故郷の流伝村で「天一批郊」を設立し、2年後に名称を「天一信局」に改め、中国で初めて東南アジアとの郵便事業、銀行事業、電報事業を取り扱う民間の郵便銀行機関となった。

勢いよく発展した天一信局は、1921年には中国国内に9つの支局、海外に24の支局を設けるまでになり、事業範囲はラオスを除く東南アジア諸国をカバーし、その発展ぶりは近代の海上シルクロードにおける対外交流の歴史そのものといえる。現在、天一信局の建物には郭家の末裔4家族が暮らしている。この時代の変化をくぐり抜け、西洋の息吹を伝える古い建物は、歳月に磨かれながら、郭家の人々を守るとともに、海を渡り南洋で活躍したたくさんの人々の感動的なエピソードを今に伝えている。(撮影:宋為偉)(編集KS)「人民網日本語版」2017年5月10日。

(责任编辑:admin )